可搬型自動打音検査システム
可搬型自動打音検査システムとは?
daon

従来打音技術者がハンマーを使用してコンクリート構造物などを音で検診していた打音検査を
打音検査装置とタブレットPCで、誰でも簡単に測定可能なシステムです。

@操作を簡易化、ワントリガーで打音・計測・評価・記録が可能です。
A打音データはBluetoothでタブレットPCへ。収集したデータをその場で確認できます。
B材質、場所情報はICタグに内蔵。トンネル等のGPSの効かない場所でも打音個所を特定可能。


対象物:道路・トンネル・橋梁・橋脚・車両・枕木・レール・建築物躯体・壁面・屋外設備などなど。

特徴
daon
@打音技術の知識がない人でも操作可能。(一人で操作可能)

A計測記録は、バックヤードコンピュータで集中管理できる。

B打音データの記録と共に画像の登録も可能。
  タブレットPCで打音個所の写真を撮り、打音データと紐づけが出来ます。

Cソレノイドハンマー使用で、長期間一定の力の安定した打音データを収集。

DRFIDリーダー内蔵、RFIDタグに事前に打音個所情報を設定することで
  打音位置を特定。

E処理された計測データを元に現場の保守・修繕の判断支援ができる。

Fデータベースに蓄積された過去の計測履歴より
  劣化の進行度の判断の支援ができる。

システム事例
弊社の可搬型自動打音検査システムは次のような事例で導入させていただいています。
トンネル、橋梁点検

コンクリートのひび割れ・腐食の点検として使用する

点検により、劣化の進行状態を確認でき、

事故の予防保全を実現します。

トンネル・橋梁点検
設備・機器点検

屋内外の設備・機器の錆・腐食・ボルトの緩みを

打音検査装置で点検する。

定期点検を実施することで、異常を検知

設備状態の維持・事故の予防保全に努めます。

設備機器点検
車両点検システム

整備・点検時にボルトの緩みがないかをチェックします。

点検→異常検出→整備→運用の

サイクルで事故の予防保全を実現します。

車両点検システム
カスタム対応可能
本ソフトウェアを、お客様のご利用環境に応じてカスタマイズすることができます。
お気軽に、販売窓口へご相談下さい。

可搬型自動打音検査システムに関するお問い合わせは、こちらまで。